BETTER LIFE 02

大切なお客様の声 3

売却という“出口”を教えてくれた存在。
再び希望を持って不動産投資を
始めることができました。

「信頼できる」という
確信を持った1週間。

「不動産投資をしておけば、将来的に年金の代わりになりますよ」——そんな電話が会社にあり、希望を抱きながら不動産投資をスタートしたのが数年前のことでした。しかし、いざ始めると、なかなか利益が出てきません。今振り返るとわかりますが、立地的にイマイチなマンション物件だったのです。その後、「売りませんか?」というお誘いがいくつもありましたが、話を聞くと、とても売る気にはなれない金額ばかり。ところが、パートナーズの宮川さんはプラスマイナスゼロと思える額を提示してくださったのです。利益の出ない物件は不安の種。一刻も早く心から取り除きたいと、お話をいただいたその日に宮川さんとお会いしました。そこから、良い条件・金額の購入者が決定するまで約1週間。トントン拍子に事が進み、この人は信頼できると確信し、他の物件の売却もお願いしています。後から知って驚いたのですが、当時、宮川さんは入社1年目の新入社員。新人とは思えない丁寧かつスピーディーな仕事ぶりに感心させられました。

お客様インタビュー3-1パートナーズさんと出会う前から進めていた、別の不動産会社での物件購入について相談したときも「こちらの物件はお勧めできませんが、この物件ならいいと思います」といった具合に、他社とのことにも関わらず親身になってアドバイスをくださったのが印象的です。

社名に込められた思いが、
わかった気がします。

初めての物件売却をパートナーズさんにお願いすることで、不動産投資の入口(購入)から出口(売却)までを知ることができたのが、私にとっての大きな収穫。パートナーズさんの社員の方から話をいろいろと話を聞いているうちに、利回りやレバレッジについて少しずつ詳しくなり、不動産投資の魅力を理解していくことができました。
実際、物件の購入についてもパートナーズさんに相談しており、いくつか目星を付けている物件があります。担当営業の方と仲良くなってからは、物件の情報だけでなく、お子さんの写真などを一緒に送ってきてくださるようになりました。知り合ってから1年半の間にどんどん成長していて、叔父にでもなった気分でいます(笑)。

お客様インタビュー3-2業務上のやり取りだけではなく、ライフステージの変化も共有しながらお互いの人生をよりよくしていくのだと思うと、「パートナーズ」という社名に込められた思いが、なんとなくわかったような気がします。何より、私にとって、パートナーズのみなさんは本当に心強い、人生の味方です。

宮川 真美

担当コンサルタント:宮川

コンサルタントコメント

“私のお客さま” なので、
他社の物件の相談にも乗ります。

「別の不動産会社での物件購入について相談したときも〜」というお話がありましたが、私のお客さまが悩んでいるのであれば力になりたいと思っての行動でした。会社からも「オーナーさまの気持ちを一番に考えて寄り添うように」と教えられているので、パートナーズの社員なら、みな同じように対応したと思います。私は、パートナーズには転職して入社しました。以前の会社でも営業職を務めていましたが、そこはお客さまよりも会社の利益第一の方針でした。パートナーズで働いてからは、お客さまから「本当に売ってよかった」「明るい未来が見えてきたよ」というありがたいお言葉をいくつもいただいており、働くよろこびを感じています。

伊藤 將道

契約管理担当:伊藤

契約管理部コメント

創業当時から変わらない
「お客さまのパートナーであること」。

私はパートナーズ立ち上げメンバーの一人ですが、宮川の言っていることは創業当時から変わっていない我が社の考え方です。ボランティアではないので企業の利益も必要なのですが、「オーナーさまの人生のパートナーでありたい」という考えのもと、企業活動をするというのが大前提にあります。真摯で誠実な仕事をしていれば、お客さまが周りにもパートナーズのことを広めてくださり、また新しい出会いも増えるはず。そのように考えています。

サービスフロー

FAQ

CEO MESSAGE

代表あいさつ

more

CONTACT

PAGETOP